岡山国体
先日より 岡山国体が開催されている。

私の近くでは 水泳と飛び込みの競技を行っている。


会場は JR児島駅からすぐの 児島マリンプール 我が家からも 歩いていける所なので やはり 一度くらい見学をしようと カメラ片手に出かけた。

駅やホテルなどの送迎に 県内のバスやタクシーが 忙しげに動いている。
こういう状況を見ると 県内の交通機関は 潤っているのだなーと実感する。

これの規模の大きいのがオリンピックなどで もし開催されれば その地域の活性化につながるのは 間違いない。




最初に 総合案内所に行って パンフレットをもらった。

総合案内所までは 案内表示や途中の交通整理をしているガードマンさんの誘導で 間違いなくたどり着ける。





パンフレットも「これ いただけますか?」というと おばちゃんが「それでは セットにします」と言って 大きさの違う様々なパンフを 10種類以上セットにして 黄色い袋に入れてくれた。

岡山県のイメージキャラは「星野仙一」さんで この岡山国体のイメージキャラは「ももっち」と言う!


児島マリンプールの玄関に行ったが 一般見学席は 特設されている裏側だった。


一般見学席は 私が考えていたより狭くて 椅子も少ない。

日曜だったせいか 座れそうな場所も無いので 証拠の写真だけでも 撮って帰ろうと 一番前の柵のところで 撮影した。


私がカメラをかまえた時には 女子の自由形と 隣で 低い位置からの飛込競技を行っていた。

撮るだけ撮って 見学席から出ようと 階段を降りていると 2人の係員から 呼び止められた。

初めは 「何だろう?」と思っていたが

「撮影した内容を 確認させて下さい」と言われて 悟った!

私は さっき撮った写真を再生して見せた。
「もし 銀塩カメラなら どうするのだろう?」と ふと思った。

係員が 無線で「特に 普通の写真です。全身が写っていて 問題ありません」と 報告した。

係員の一人は「どうも」と言い もう一人は ニヤリと笑っただけで 謝罪の言葉などは無かった。

明らかに 人を疑っておいて あまりにも素っ気に態度!

しかも わたしのは 広角からの標準ズーム 選手のドアップが撮れる訳も無いのに・・・

ビデオ撮影していた人も多かったけど 本当は そっちの方がヤバイと思う。

最近のは 小さくても望遠はすごいし 数年前には 水着が透けて写るビデオカメラが有ったのに 私のデジカメだけを疑うのは


失礼極まりない!

私が 疑われるような事をしたと言うのなら
「写真撮影の内容を確認させていただく事が有ります」
などの 注意書きでもあれば 初めから撮ったりはしなかったのに!!!

よっぽど文句を言ってやりたかったが グッと我慢した。

気を取り直して 特産物売り場の様子を覗いた。





岡山の特産物 ぶどうやワイン 海産物 そしてきび団子(*^_^*)

その他は スポーツ用品のメーカーのテントが多く この国体の記念品も多く売られていた。

全体的には 混雑も無く 賑わっているとは言えない。

やはり お祭りの屋台とは かなり違う。





中継車が来ているので 家でも競技の内容は見えるだろうが 今日は、国体の雰囲気を味わう為にやって来た。

しかし 見学席は狭くて 人が多く 挙句の果てには 変態と間違えられるなど 来た事を後悔した(涙)

私などは お気軽に 近所から来た者だからいいものの わざわざ遠くから来た方が 疑われて 嫌な思いをしたら 岡山県全体のイメージが悪くなる。

あの係員は 仕事だから仕方が無いのかもしれないが 間違っていたら 謝るのが 良識ある社会人と言うものだ。


「風の道」で花を撮りながら帰っていると おばさんが 

「珍しい花が有るから 撮る?」と言って おばさんの 庭に入れてくれた。
100mmマクロ装着していて ちょうどその場所が 他の木などのせいで 離れて撮れなかった。
もう少し 全体が撮りたかったが 残念。

木は 藤の木に似ていて 花もマメ科の花 ただ 藤と違って 垂れ下がらないそうだ。




おばさんは「登り藤」と言っていたが ネットで検索すると別物だった。

このおばさんと会うのは 初めてで 私を庭に入れてくれた。

と言う事は 少なくとも このおばさんには 私が変態に見えていないわけだし 今日 疑われたのは ルックスの問題ではなかったのだと 再確認した。

[PR]
by mutamiya | 2005-09-11 15:36 | 行って来ました。
<< 「秋は釣瓶落とし 今日は綺麗な... 野草園 >>